無駄な時間を生きるのを辞めたい

会社に使う時間が無駄な時間と感じ始めた

 
最近、仕事をやりながら小声で「時間の無駄やわ」とすごい頻度で呟いてしまう。
 
今の仕事は営業なのに何故か事務作業が主になっていて、経理のような財務処理ではなく、「省略することの出来ない単純だけど時間のかかる仕事」ばかりやっている。
 
以前はこういう

 

仕事はパートさん達がやってくれていた。文句も言わずテキパキとさばいてくれてた皆さんには本当に感謝の言葉しか出てこない。
 
しかし、今は訳あってこの手の仕事も自分がやるようになっている。
別部署の友達が、どんどん技術を身につけて行く中で、今自分がやっていることが無駄な時間に思えて仕方がない。(もちろん、大事な仕事であり、この業務をする人は真の意味で縁の下の力持ちであると思うので、単純に自分にとってはという意味である。)
 
同じ時間で何が出来るんだろうと思う。
 
技術職の人ならば同じ時間で知識を深め、専門家として成長するかもしれない。
 
営業を集中して出来れば、対人スキルなんかも上がって世渡り上手になるかもしれない。
 
難しい資格を取ってどこでも通用する人になれるかもしれない。
 
個人でお金を稼げる仕組みを構築できるかもしれない。
 
それなのに、僕の時間は会社のあまり重要ではない仕事に費やされている。
ジョブスが言った「他人の時間を生きている」
状況なのかもしれない。
 
今の会社の人は皆好きだしお給料もしっかりもらっている。
ただもし、今後会社に何かあった時、このまま無駄な時間を過ごしている僕は生きていけないんじゃないかと不安にも思う。
 
それ故に今の無駄な時間が我慢できなくなっている。
 
若いうちは、下っ端のうちは雑用をやっときなさいと思っている人も多いと思う。
 
ただそれは、時間が経てば身になるお仕事を教えてあげると言っているようにも感じられ、年功序列の終身雇用が約束された時代だから通用するだけなのでは?とも思う。
 
変化の激しい現代では、自分にとって重要と思うスキルを早めに身につけて生き残る事が重要なのではないのだろうか?
 
と、思いつつも明日も同じような仕事をする。
 
現状を変えるのは簡単ではなくすぐには出来ないのだろうけれども、少しずつ自分にとって意味ある時間が増えるようにコツコツと頑張っていくしかないのである。
 
ポプテピピックでも見て笑うべ